ウクレレ製作 進捗状況 1/17


現在製作中のCM-200 Concert ハワイアンコア。

ネックがジョイントされました。

そして一晩置いて指板の接着完了。


続いて次に製作するウクレレは全てホンジュラスマホガニーです。
(左:アフリカンマホガニー、右:ホンジュラスマホガニー)
全体的に赤みがあってタッピングした感じは甲高い音がします。

左:コンサート、中央:ソプラノ、右:ソプラノ



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 完成!!!


CM-100 Soprano Longneck が完成いたしました!

【スペック】
モデル:CM-100 Soprano Longneck 
トップ&サイド&バック:ブラジリアンローズウッド単板
ネック:アフリカンマホガニー、指板&ブリッジ:エボニー
ブリッジプレート:ブラジリアンローズウッド、
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:白蝶貝、
バインディング:メイプル、塗装:つや有り、
ペグ:UPT UBN GG、ナット幅:35mm、
フレット数:19F(14Fジョイント)、
弦:ダダリオ EJ65C、セミハードケース付属


ソプラノサイズのボディにコンサートサイズのネックがついた
ロングネックモデル。



メイプルのバインディングがボディを引き締めております。

ゴールドペグとヘッドプレートのコントラストが美しいです。





ご指定通りポジションマークを3弦と4弦の間に入れました。



今回のモデルからヒールキャップを標準装備としました。
(※ボディ材とネック材が違う場合)




ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 1/13


ブラジリアンローズウッド製ウクレレが完成いたしました!

チューニングが安定してからお渡ししたいと思っております。
今しばらくお待ちくださいませませ。

最終仕上げにブリッジピンを2ヶ所に取り付けます。

まずはエンドピンから。
下穴を開けるためマスキングします。

目標を定め「エイッ!」とドリルで開けます。
実はとっても緊張する瞬間です。。

クッション材を間に挟みます。

はいできました。

続いてネックヒールにもう一つ付けます。

「エイッ!」と付きました。


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 1/12


ナットの溝切りを行い、2つのサドルを作って仮の弦を張ってみました。


上はLow-G用のサドル。
下がレギュラー用のサドル。
弦の太さが変わるためピッチ調整が必要になりますので
この様に2種類のサドルが必要になります。
適宜差し替えてお使いくださいませ。

左右どちらでも良いように見えますが、厚みが若干ちがいますので

底にナンバリングしておりますので、この方向で使用して頂ければと思います。



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 1/11


ブラジリアンローズウッド製のウクレレです。
ようやくトップコート塗装の乾燥を終えました。

間もなく完成に向けラストスパートです!

ブリッジを貼り付けました。

続いてフレットのすり合わせを行います。

すり合わせの後は、ペグの取り付けです。
リーマーでペグ穴を拡張し、専用工具を使って取り付けます。

GOTOH UPT GOLD

だいぶ完成に近づきました!

明日はナットの溝を切ってサドルを作って最終調整まで行きたいと思います!


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 1/9

CM-200 Concert
ハワイアンコアモデル

ボディが出来上がりました。

そしてバインディングを巻き終えたところ。

指板の溝切りとポジションマークおよびR加工を施しました。

フレット打ち込み中の図。
指板に合わせフレットも曲げます。
タングが飛び出さないように端も詰めております。
※フレットはクラウン・タング・スタッドで構成されております。

フレットの引っかかりを減らし気持ちよく演奏できるよう指板のエッジを削ります。
更に仕上げとして塗装後にフレットを一本ずつ丸める加工をしまーす。



ウクレレアトリエ cotan 

謹賀新年 2018


新年明けましておめでとうございます。
旧年度は皆様には大変お世話になりました。

今年もウクレレ製作およびレッスンと
ウクレレの普及に邁進して参ります!

2018年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ウクレレアトリエ cotan
佐藤 匡史


ウクレレアトリエ cotan 

浜辺の音楽会 in 荒浜 「ハマレレ」 に参加させて頂きます。


~以下、一般社団法人ウクレレサポート協会様のHPより~

レレサポアニバーサリー企画として
海辺の図書館の皆様とともに荒浜にて音楽でココロの支援を届けたいと
活動しております私ども一般社団法人ウクレレサポート協会は
宮城県仙台市に唯一の海水浴場として震災前は、多くの方々が足を運ぶ
荒浜の地で、海辺の音楽会を開催します。

開催日 2018年2月4日(日)
時 間 12時半から15時

会場 
宮城県仙台市 荒浜海岸公園センターハウス
〒984-0033 仙台市若林区荒浜字北官林30
TEL 022-288-4021


主催:海辺の図書館、一般社団法人ウクレレサポート協会
企画・協力:オモエサンライズ企 山本千香


お問い合わせ先 海辺の図書館
事務局: 深田 fukadat1@gmail.com
090-5832-6861



この素敵なイベントにウクレレ教室の生徒さんと演奏で参加させて頂きます♪
また、ウクレレビルダーとしてウクレレの展示もさせて頂きます♪♪

ぜひお越しくださいませー!



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 12/23


この木何の木モンキーポット。

本日塗装に入りました。




ウクレレアトリエ cotan 

今年最後の慰問演奏となりました。


ボランティアで慰問活動を行っている「モアナハワイアンズ」。
今日が仕事納めとなりました。

腰痛のため前屈みになっているなっているリーダーのMC
特に今日は冴え渡っておりました!
しっかり中高年のハートを掴んでおりました(笑)

今年から参加させて頂き今日で4回目になりましたが
今回は仙台市内の有名な某病院様での演奏でした。
毎回リーダーの顔の広さに驚かされます!

リーダーを始めメンバーの皆様今年一年大変お世話になりました。

来年もまたどうぞ宜しくお願い申し上げます!




ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 12/17


ボディとネックがジョイントされました♪
このボディ材は「この木何の木♪~」のモンキーポットです。
さて、どんな音になるのか楽しみです♪♪


次に製作するウクレレはこちら。
ハワイアンコア仕様のコンサートサイズです。

ロゼッタの溝を彫ったところ。

そして溝にメキシコ貝が入りました。


さらにその次に製作するウクレレです。
ボディ材はホンジュラスマホガニーAAA(杢あり)です。
写真では分かり難いですがかなりギラギラ光っています!
マホガニーってこんなに杢が入るんですね!
こちらも完成が楽しみです♪♪♪



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 12/12


木工作業の工程を終えました!

これから塗装の作業に入りますので、しばらく見納めとなります。



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 12/11


指板接着の図。

クランプを使ってしっかり接着します。


一晩経ってクランプを外します。
だいぶ形になりました♪♪
ソプラノボディにコンサートのネックをつけたロングネック仕様です。

ナットを付けてネックのシェイピング、ボディの面取り、スケールライン
等々もう少し木工作業は続きます。今週中には塗装に入れると思います。



ウクレレアトリエ cotan